共感が得られれば交渉できるチームです」と述べた。

孫興民(ソン·フンミン、トッテナム·ホットスパー)がパリ·サンジェルマン(PSG)で「恩師」マウリシオ·ポチェッティーノと再結合する。

22日の「フットボール·インサイダー」によると、トッテナムのダニエル·レビー会長は今夏、移籍市場でPSGとの選手移籍を進める可能性があります。 トッテナムに巨額の赤字が発生してこれを埋めるための方法として、高額の移籍料をもらえる選手を売却する案を検討したものです。

「フットボール·インサイダー」は「トテナムの新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の大流行で大きな打撃を受けました。 リービー会長は、今シーズンの無観客景気のため1億5,000万ポンド(約2,346億ウォン)の回復が見込めない赤字を警告した、と伝えた。 今季が終われば、トテナムは1億5,000万ポンドの損失を埋められないまま、赤字の中で球団を運営しなければならない状況に置かれることになるのです。

巨額の赤字を早く埋められる方法は前受け販売です。 トッテナムにはソン·フンミンとケインという巨額の移籍金をもらえる選手が2人います。 『トランスファーマルクト』によると、ソン·フンミンは現在8,500万ユーロ(約1,143億ウォン)、ケインは1億2,000万ユーロ(約1,613億ウォン)の価値だと評価されています。 二人のうち一人だけ売っても赤字をある程度埋めることができます。

「フットボールインサイダー」は「PSGはトッテナムの2つの資産であるソン·フンミンとケインに耐えられる数少ないチームのうちの1つ」とし「PSGはカタール資本で最高のスターたちを売らなくてもいいチームです」とPSGはコロナ19大流行と関係なく財政の困難がないため、コンセンサスが得られれば交渉できるチームだと述べた。

特に、PSGは今年1月からポチェッティーノ監督が率いている。 ポチェッティーノ監督は現在、トッテナムの姿を作った指導者です。 ソン·フンミン、ケインもポチェッティーノ監督の下で能力を満開した。 さらに、ポチェッティーノ監督は2022年6月にPSGとの契約が満了する。 今年の夏は契約満了まで1年残ります。 彼としては、よりよい成績を出すためにも戦力を補強しなければならないし、自分のよく知っているソン·フンミン、ケインは立派な迎え入れ資源になることができる。

フットボール·インサイダーは「トッテナムが赤字をなくす再建をするためには1軍選手の一部を移籍させなければならない」と付け加えた。
22日の「フットボール·インサイダー」によると、トッテナムのダニエル·レビー会長は今夏、移籍市場でPSGとの選手移籍を進める可能性があります。 トッテナムに巨額の赤字が発生してこれを埋めるための方法として、高額の移籍料をもらえる選手を売却する案を検討したものです。

「フットボール·インサイダー」は「トテナムの新型コロナウイルス感染症(コロナ19)스포츠중계 の大流行で大きな打撃を受けました。 リービー会長は、今シーズンの無観客景気のため1億5,000万ポンド(約2,346億ウォン)の回復が見込めない赤字を警告した、と伝えた。 今季が終われば、トテナムは1億5,000万ポンドの損失を埋められないまま、赤字の中で球団を運営しなければならない状況に置かれることになるのです。

巨額の赤字を早く埋められる方法は前受け販売です。 トッテナムにはソン·フンミンとケインという巨額の移籍金をもらえる選手が2人います。 『トランスファーマルクト』によると、ソン·フンミンは現在8,500万ユーロ(約1,143億ウォン)、ケインは1億2,000万ユーロ(約1,613億ウォン)の価値だと評価されています。 二人のうち一人だけ売っても赤字をある程度埋めることができます。

「フットボールインサイダー」は「PSGはトッテナムの2つの資産であるソン·フンミンとケインに耐えられる数少ないチームのうちの1つ」とし「PSGはカタール資本で最高のスターたちを売らなくてもいいチームです」とPSGはコロナ19大流行と関係なく財政の困難がないため、コンセンサスが得られれば交渉できるチームだと述べた。

特に、PSGは今年1月からポチェッティーノ監督が率いている。 ポチェッティーノ監督は現在、トッテナムの姿を作った指導者です。 ソン·フンミン、ケインもポチェッティーノ監督の下で能力を満開した。 さらに、ポチェッティーノ監督は2022年6月にPSGとの契約が満了する。 今年の夏は契約満了まで1年残ります。 彼としては、よりよい成績を出すためにも戦力を補強しなければならないし、自分のよく知っているソン·フンミン、ケインは立派な迎え入れ資源になることができる。

フットボール·インサイダーは「トッテナムが赤字をなくす再建をするためには1軍選手の一部を移籍させなければならない」と付け加えた。

에 발행했습니다
Uncategorized(으)로 분류되었습니다

댓글 남기기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다