税金は内も保護は受けられない理由

仮想通貨暗号化通貨投資家は保護対象ではない。本人が投資して損失する部分を政府が保護することができない」。

ウンソンス金融委員長が最近、国会政務委員会の全体会議で暗号化幣の否定的な見方を過せずに明らかにしながら議論の中心に立った。<ハンギョレ>は委員長は‘内在価値がない’というイ・ジュヨル韓国銀行総裁の立場から一歩進んで、暗号貨幣投資を‘投機’または‘賭博’に例えて法的保護対象ではないと明らかに線を引いた。

問題は来年からビットコインなどの暗号化通貨に対して政府が譲渡所得税(譲渡税)を課すという点だ。

金融当局は先月‘特定金融情報法’(特金法)施行に入り、暗号貨幣をその他の所得に分類し2022年から年間250万ウォンを超える所得に対して20%譲渡税を賦課する予定だ。株式も2023年から譲渡税を払わなければならないが、年間5000万ウォン以下の所得に対しては非課税だ。一方、暗号貨幣に投資して一年5000万ウォンを稼いだ場合、950万ウォンを税金で支払わなければならない。これに対しオンラインコミュニティなどでは「暗号貨幣は価値がない詐欺だと言って、폰테크 今になって税金を払えというのはつじつまが合わない」として個人投資家の不満があふれている。

しかし、<ハンギョレ>は委員長はこのような不満に対して「絵事故売る時も譲渡差益に対して税金を払うが、自己責任下にする」として「(暗号貨幣譲渡税は)所得のあるところに税金があるという原則により作ったと聞いている」と答えた。さらに「私たちが見るに(暗号貨幣は)投機性が強い内在価値がない仮想資産との立場から接近している」として「不法、テロ資金に使うのはいけないので特金法上に存在するだろう」と強調した。

特別金法は、暗号化通貨などの仮想資産を「経済的価値を持って移転することができる電子的証」と定義している。暗号通貨取引所は特金法に基づいて9月24日までに情報保護管理システム(ISMS)認証を受けなければなら運営することができる。

<ハンギョレ>は委員長はこれに対して「(暗号貨幣取引所は)特金法により登録しなければならないが、現在登録した業者はなく、200ヶがあるが多閉鎖になる可能性がある」として「9月になって突然閉鎖されることがあり、週に1回ずつ公知を出している」と伝えた。さらに「結局は(副作用が)金融サイドに来るので、金融システムが不安定にすることができる」として「内部的に一緒に悩んでいて、投資熱気を減らして欲しい」と意見を明らかにした。

は委員長は、暗号化通貨の金融当局の投資家保護義務がなく、資本市場法に規定された有価証券とは違うと強調した。

<ハンギョレ>は委員長は最近、暗号貨幣投資に対して「深刻だと思う。人々が多くの関心を持つと保護しなければならないということは誤った道に行くこと」とし「一日20%上がることを保護してくれるが、それは大人が話してくれるならない」と声を高めた。また「投資家と前提してこそ保護という概念が出て政府が保護という義務が出てくるので(暗号貨幣は)自己責任下にする」とし「政府が国民を無視したり捨てたのではなく、これは認められる貨幣ではなく仮想資産だ。有価証券は資本市場法があるが、仮想資産は価値もないのに、誰がそれをしてくれるか」と反問した。

は委員長は、一日17兆ウォンに達するという暗号貨幣取引規模についても疑問を提起した

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다